もうそろそろ終わりませんか?市役所さん

一昨日、やっとのことで届いた「神岡町史 特集編」、

袋を開けてケースから取り出して史料を読み始めたら

あることに気が付きました。

 

入ってないんですね、、、付録が。

 

ということで流石に苦情の電話を市役所にしたところ

送っていただけることになって、午前中にナント!

 

速達でこの付録が届きました。

 

やればできるのね?^^;

と思って封を開けましたが、えらく分厚いし

封筒が2つ入ってました。

 

ほほう、散々迷惑をかけたということでお詫びの

手紙でも?( ̄w ̄)

と思いましたが、何の事はない・・・

 

同じものが二つ、

 

入っていました。

つまり、上の写真の地図が二セット、入っていました。

 

一つもないのは困るけど二つはいらん!

 

なぜこんなことになったのかといえば、、、おそらく

目次には二葉、と書かれており担当者が二つの封筒と

思い込んだのではないかと。

 

しかし、そんなものは中身を確認すれば簡単に

分かることで、中も見ずに封筒の中には別々に

一枚ずつ、入っているとでも勘違いしたのかも

しれません。

 

だとしても、選んできた封筒の中が両方共飛騨の

古城跡だったり、2つとも、越中の古城跡だったら

どうするつもりなんでしょうね?

 

どちらにしても中身を確認、という作業を怠った

事は確実で、今までの失敗がまったく生かされていません。

 

その結果、どうなったのかといえば、、、

さっそく今朝、またもや市役所にメールで

 

同じものが二つありますが、一つはお返しします。

 

とメールをしました。

さらに郵送するるか、直接行く機会があればその時

持っていきますよ、という事も付け加えて。。。

 

すると、後で市役所から返事が来て・・・

返送用封筒を送るのでそれに入れて送り返して

下さい、と。

 

また、面倒で余計なお金を使ってねぇ、、、

これまでの郵送料はまあ、数百円ですけど

それだって税金じゃないですか、、、

ホント、無駄に使っていると思いますよ。

 

元々、ちゃんと4日の日に神岡町史が本庁舎にちゃんと

確保してあれば一円もかからなかった郵送料ですよ。

準備していなかったせいで郵送料を使い、無かった

付録を送るのにまた速達料金を使い、今度は余分なもの

まで送ってしまったために返信用の封筒をまた郵便で

送って返信用の切手代金まで、全額、必要なかった

料金ですよ。

 

その辺をどう考えているんでしょうかね?

おまけに本庁舎においていなかったばっかりに

古川から神岡まで最低、二度は通って現物を

受け取りに行っているはずです。

神岡から直送すれば、さらに無駄がないのに

それもできないようです。

 

そうやって税金は無駄に使われていくんでしょうね?

そういうことが積み重なっての財政悪化なら

ばかみたいじゃないですか。。。

 

そんなわけで明日辺り、返信用の封筒が届くでしょう。

こっちとしても送り返す手間が発生するわけですから

困ったものです。

 

12/4にお付き合いが始まって、史料一冊のために

10日もお付き合いさせていただきました。(-_-;)

 

 

これからも長い付き合いになるんでしょうか?( ̄w ̄)