H市役所さん、またですか?

 

4日にお願いしてやっと昨日9日に届いた

 

神岡町史特集編

 

ですが、ここまでの対応にもガッカリでしたが

これでやっと、、、と思っていたら、また一難です。

 

あるはずのものが入っていない。

 

いわゆる付録として収納されている

 

越中や飛騨の古城跡の場所など記したちょっと

面白い四つ折りくらいの紙が二枚・・・

 

これが入っていないのです。

図書館や資料館にある本にはちゃんと収められているので

個人で購入した史料にこれがない、なんてのは

考えられないんですがね。。。

 

こんな感じで目次にちゃんと書かれています。

 

 

付録としてちゃんと、なければならない

私にとっては貴重なものなのでこれが無い、

不完全な史料を定価の4500円でいただくわけには

いきません。

 

このことは昨日のお昼に封を開けて無かったのを

確認後、すぐに市役所の方にメールで問い合わせました。

しかし、返事は今日の朝・・・

ところが、答えにもなっていない返事で

そんなものが付いていたのを認識していませんでした。。。

 

まあ、認識していたかどうかはどっちでもいいんですが

じゃあ、どうなのよ?

ちゃんと代品を送るなり届けるなりしてくれるのかどうか?

そこが一番重要なのに未だ、その返答はありません。

 

付録があるかどうかなんて、市役所の隣の図書館に

まったく同じものがあるわけですから、見て来なさい!

そうすれば一発で分かるんですから。

 

しかし、自分のお膝元で仮にも販売している商品の

中身を知らないこともちょっと問題では無いでしょうかね?

 

 

【この後】

 

メールのやり取りではらちが明かないし、ここは

もはや電話で決着をつけましょう!

ってことで、市役所に電話で聞いてみることにしました。

担当者は外出中とのことで直接の上司とお話を

させていただきました。

 

すると担当者は史料のある現地まで確認に行ったとのこと。

そこまでする必要があるのかなぁ?

聞けばいいじゃん?

と思うのは部外者だから、のようで色々と事情があるようです。

 

したがっていろんな話こそさせていただきましたが

結局は現地でのあるかないかの確認ができていないので

結論は出ませんでしたが、もしあれば持ち帰って改めて

郵送していただけるとの回答をいただきました。

 

もしなければ、、、コピーでもよろしいか?

と聞かれましたが、最悪、無いよりはいいので

コピーで我慢せねばならないのも考えましたが

コピーということになれば、もはやこの町史は中古品、、

新品でで購入したのに納得はできませんが、もし

そういう事態になった場合は諦めるつもりでした。

 

しかし、夕方になって市役所の方から電話があり

現物がありましたので郵送しました、との連絡を

いただきました。

 

これで、何とか一件落着、、、

と言いたいところですが、市役所を訪れて

その場で受け取ることができていれば、

この一週間の騒動は無かっただけに私も疲れました。

 

 

コメントをお書きください

コメント: 2
  • #1

    YOU (水曜日, 11 12月 2013 10:23)

    こんにちは。
    一連のH市役所とのやりとり読ませていただいきました。
    自分のことでもないのにイラッ!イラッ!してしまう気短な私です(笑)

    まあ・・民間企業なら販売したものに不備があれば・・先方から
    「お詫びを兼ねて正規のものとお取替えにご自宅までお伺いします」
    くらいのことは言うでしょうね
    実際にはかえって恐縮して・・郵送でいいですよ。なんて言ってしまう気弱な私ですが(笑)

    まあ・・お役所は買ってもらったのではなく売ってやったくらいの意識なのかもしれませんね。

    で・・
    こちらにきて20年近くなるのにどうしても使いこなせなかった
    名古屋弁・・
    「H市役所は・・とろくっさゃあ・・対応!」

    「とろい」と「たわけ」の使い分けがはっきりわかりません。
    この場合・・合ってます?(笑)

  • #2

    kaerigumo (水曜日, 11 12月 2013 16:25)

    YOUさん、こんばんは。

    そうなんですよねぇ、なかなかこちらの言いたいことが
    ちゃんと伝わりません。
    買っていただいた、売ってやったとかいうレベルではなく
    面倒な仕事を増やすなよー、が本音かもです。

    実際、こんなもの買いに来る人は10年に
    一人くらいでしょう?^^;
    こんな本一冊に何人もの職員が右往左往している
    のですから初めての経験でしょうね。

    名古屋で言えば、、、
    「市役所はとろくさいでイカンわぁー」
    「たいがいにしやーよ!」
    って感じでしょうか。^^;

    この話、まだ続きがあるんですよ。
    それは今日、起こりました。
    またまたやってくれました、あの市役所。( ̄w ̄)
    もう、腹が立つというより、失笑という表現の方が
    適切かも、、、です。