ダントツの最下位

 

グラチャンバレー、、、

悲惨な最後を見届けてやろうと6時からテレビ観戦です。

 

昨日の時点で最下位は決定していましたが、

昨日も二セットを取られるまでは、よせばいいのに

「まだ、メダルの可能性があります!」

などと、イタリアに失礼だろ!

というような、視聴者を馬鹿にしたような中継を

続ける辺り、メディアっていつになっても変わらんね。(-_-;)

 

ある意味、選手も被害者ですよ。。。

視聴率の道具にされてるだけ。

 

それにしても、解説者川合の結果論オンリーの解説と

擁護しかしない大林のリポート、必死になって

褒める所を探して希望を語る、ゲストたち・・・

 

これ、、

サッカーだったら完全にブーイングレベルでしょ?

ペットボトルが飛んできても文句の言えないレベルです。

 

おまけにサッカーでいうところの、セルジオさんのような

辛口の人もバレーにはいない、、、

 

選手にしてもロンドンオリンピックが終わって選手も監督も

一新する機会なのに監督は代わっても選手はいつもの

メンバーってどういうことですか?

 

新監督は全国を回って選考をしたらしいんですが

それで、このいつものメンバーでしか無かった、、、

ってことは、選手層が薄いってことでしょう?

 

世界選手権も出られないし、3年後までこのメンバーで

戦うつもりなんですかね?

下手をしたら、この新監督も来年までいるかどうか・・・

 

サッカーの代表監督ならまず、クビでしょう。

 

何とか頑張ったのも攻撃陣では米山選手くらい、、

セッターとリベロは何とかなったみたいですが

あとは・・・

 

3年後を目指すなら、大学生とか高校生で選抜した方が

リオがダメでも次の東京での可能性があるでしょうに

何でこのメンバーで今大会に挑んだのか、不明です。

 

テレビ中継があるだけにメンバーが知らない選手ばかりじゃ

視聴率が・・・

こんなところかもしれません。

 

それよりも、今や中学校の男子バレー部もドンドン

人数不足で廃部になっているという現実があります。

少子化もありますが、女子バレー部はほとんどの学校に

残っているところを見ても男子の減り方は異様で

やはり代表のレベルが直結しているのではないかと

思われます。

 

 

眉毛の手入れだけは、世界一かもしれませんが。。。^^;