女子バレー 中国戦

日本2-3中国

 

惜しい試合を落としました。

なかなか見ごたえのある面白い試合では

ありましたが・・・

 

ネットでは、、、

最終セットに起こった、木村がブロックでワンタッチを

取られた場面。

 

スローを見る限り、触ってないようです。

それをワンタッチと判定され、抗議したiPad真鍋にも

イエローカード・・・

ワンタッチにはチャレンジシステムが適用できないとか、、

 

昨日も中国がチャレンジしましたが、、、あえなく

「チャレンジ失敗!」と、アナウンサー、、、

失敗って、、、なんだかなぁー。(-_-;)

しかし、今大会から試験的に導入されたみたいですが

日本も失敗してるし、成功したチームはあるんでしょうかね?

どちらにしても一番微妙なのは、ワンタッチですから

それが適用外となると、果たしてどれほどの意味が・・・

 

 

立て続けにやってしまった、サーブミスと

この、ホームではありえないような日本に不利な判定、

主審に対する不満で一杯でしたね。

 

それにしても、中国というチーム、、、

一番身長の低い選手が186cm、、、一番高い身長が

195cm、、、

随分と高止まりしてますよねぇ。

 

仮に日本にバレーの上手い選手が10人いたとすれば

人口が約10倍の中国だったら、計算上は100人

いることになります。

 

一応民主化こそしていますが共産主義の国って

強化・育成システムが半端じゃなく強力でお金も

かけてますから、時々、とてつもない選手が出てきます。

それが、昨日もバンバン打ち込んできた18歳?の

 

シュテイ選手

 

聞けば、まだバレーを始めて4年って言うじゃないですか。

つまり、14~15歳で始めたわけで、始めた当時でも

おそらく身長が190cm近くあったんでしょうね。

じゃないと、バレー選手への道に進めたのかどうか?

 

ジャンプもしてるし打ち方も変じゃないので

このまま順調に育っていけば、10年以上怖い存在に

なるのは確実です。

 

それにしても、中国の監督がいつのまにか再び、、、

 

ロウヘイ(郎平)

 

さんになってるじゃありませんか!

随分、おばちゃんになってましたが、国民的な方だし

今回、呼び戻されたという話、、、

 

郎平でくるなら、日本も中田久美監督で対抗しましょう。

 

中田久美監督ならiPadは使わないともいますが・・・(^▽^;)

 

 

さて、試合ですが中国と相性のいい、江畑、、、

彼女はいいです、まああれくらいはできる選手です。

 

気になる点をいくつか、、、

 

木村沙織って、あの程度しかジャンプしてなかったですか?

全然跳んでいないように見えるんですが・・・。

打ち方も押し出すような打ち方に見えますが、腰でも

痛いんですかね?

 

昨日、試合終了後に大山解説員が、、、

日本の両ウィングスパイカーは優秀みたいなことを

言っておりました。

確かに昨日の試合、木村も江畑も目立ちましたし

それなりの活躍もしました。

 

しかし、センターはどうでしょう?

活躍したとか目立ったとか言う以前に、打ってません!

極端なことを言えば、サーブを打ってブロックしてるだけ。

サーブレシーブはしないし、バックに下がれば、リベロと

交代ですからね。

 

なぜ、日本というチームはセンターから攻撃しないんですかね?

岩坂も大竹も5セットで各自5本まで打ってないのでは?

 

打ってないということは、トスが上がってないわけで

つまり、セッターがセンターにトスを上げてないということ。

意外性のセッターが聞いてあきれますね。

 

使わないから、使えなくなる・・・

 

使うのは序盤の所だけ。

あとは、諦めかけた最後辺り、、、

 

昨日の試合も途中で何回か、センターをブロックされても

使っておけば、第三セット、取れた可能性があります。

 

監督も指示を出していないみたいだし、解説陣からも

何の一言すら出てきません。

もっとも、解説陣はおそらく御用解説者のようですから

チームに批判的なことは言わない(言えない)でしょうね。

 

セルジオ越後氏じゃないですけど、、、

本当にオリンピックで金メダルを目標にするのであれば

負ければ、批判は当然、叩かれなきゃだめですね。

 

今回の大会は選手を育てる大会と位置付けては

いるようですが、仮にも三位以内が目標と言ってしまって

いるわけですから、目標が達成できなければ、そてはもう

叩かれて当たり前ではないかと。

 

おそらく、メンバーがこれだけ変わってもよくやった!

とか、宮下はかわいい、、、とか、すり替わってしまうんでしょう。

 

後、監督の器、、、ということなら、

ワンプレーごとに顔色の変わるiPad真鍋と、

やってもやられても表情を変えない郎平監督、、、

私は郎平監督の方が大きいと思います。

 

 

世界大会を見てて、一番嫌なのが試合終了後の

ネット越しに握手意をするところ・・・

見ればわかりますが、ほとんどの選手が握手こそすれど

相手などまったく見てません。見てないというより、

そっぽ向いてます。

これってどうでしょうね?

私は見ていて、いい気持ちがしません。

一番上のカテゴリがこんな風だから、続く高校生や

中学生以下まで真似をするんです。

 

ただ、昨日の中継の終わり掛けに、、、

試合後、キャプテンが審判席でサインをするんですが

昨日はたまたま、木村沙織と中国のケイジャッキ選手が

並んでサインをしているところが映りました。

一瞬二人の目が合って、二人が何か一言交わしたんでしょうね?

ケイジャッキ選手が笑顔になりました。

そこでどんな会話があったのか?

ホント、僅かな会話でしょうけど、試合が終われば

普通の若い女性なんですから、これでいいんじゃないでしょうかね。。。

 

22歳のキャプテンもプレッシャーでしょうね。

日本でいうなら、江畑がキャプテンみたいなもんですし。。。

 

今夜は最終戦のアメリカ(世界ランク1位)ですが

4連敗ですからね、、、アメリカは。

最下位脱出をかけて必死になるのか?

それともやる気を失ってしまってるのか?

分かりませんが、もっとセンターを使って

サイドを少しでも楽にしてあげられる戦い方を

してほしいものです。

セッターの勇気が試される一戦ですね。

 

最後にリベロですが、私は昨日、一昨日と先発した

佐藤さんの方が良いと思います。

ちょっと調べてみたら、古川学園出身でしたか、、、

これまた名門校ですな。。。