今日は七夕

 

七夕と言えば、、、飛騨に来てからというものこの日は星空が見えた、という記憶がありません。(T_T) だいたい雨が降ってるか、曇ってるかのどちらか、、、まあ、梅雨の真っ最中なので当たり前といえば、そうなのかもしれませんが、こちらに来る前は結構、晴れた星空を見たような記憶があるのですが・・・気のせいですかねぇ?

 

星空というと、ここ数年は我が家のすぐ近くにあったドライブインのような施設がほぼ廃業したおかげで夜間の照明が無くなって暗くなったお陰で星空もキレイに見えるようになりました。

 

一度、流星群の現れる時を迎えれば、かなりの数、それもくっきり、ハッキリ、流星の帯まで見ることができますし、流星群でなくても普段、夜間に空を眺めていれば数分で一つや二つは流れ星を拝むことができます。 赤い月や虹もよく見ることはできますが、夕焼けは・・・とくに冬場はまったく見えません。 なぜかといえば、山が高いので夕日になる前に日没を迎えてしまうから・・・^^;

 

12月〜1月などは2時台には日没になるのでとてもじゃないけど太陽光発電は無理ですなぁー。

 

そのくせして夏の間は山の切れ間に沈むのでいつまでも西日が・・・これもありがたくない状況で、いつもこれが逆だったら・・・と悔やんでも悔やみきれない。

 

短冊に願いを書いて、、、なんてことはもう数十年、してはいませんが普通に暮らせれば・・・それでいいでしょう。(^^ゞ