iPhoneアプリ「標高ワカール」が大活躍!

画像にある山に城跡があるというので研究会員三名で攻めて来ましたが、ちょっとした手違いで登った山は目的の山と一つ、違ってました。残念ながらまたの機会に攻めてみようと思っていますが今回、意外に活躍したのがiPhoneのアプリ「標高ワカール」なるアプリ(無料)です。GPSを使って今いる地点の標高がわかります。 会員の中にアナログの高度計を持ってきた人もいたのですが何でもその時の気圧で数値に誤差が出るらしい? やはり、同じ地点で比べてみると若干の違いがありました。 GPSを使っているからといって必ずしも正確かどうかはわかりませんが、地図との比較ではおよそ、合っているような感じでした。

 

ただ、あくまでも携帯ですから携帯の電波がないと表示ができません。 とくに山の中ということで事実、途中までは電波のない地域で表示ができませんでした。 この辺りが弱点でしょうか? やはり、誤差はあってもどこでも確実に数字が出せるアナログ式のものも持っていたほうが良さそうです。

 

 

この高度計とGoogle Mapsがあれば、だいたいは事足ります。とくに機会を持ってなくてもiPhone一台あれば、山の中でもかなりの威力を発揮することが分かって良かったです。

 

目的の山と間違えたのに気がついたのも頂上で高度計を測定し、マップを見て地図と違うことが分かったからでした。

 

次回は登る前にしっかりと確認してから登ろうと思います。^^;